お尻ニキビが気になる方に食事で摂ってもらいたい8つの栄養素

お尻ニキビもニキビの一種類です。
様々な対策法がありますが、日頃の食生活の改善も欠かせません。特に偏った食生活や外食が多い方は食事を工夫することで大きな改善が見られるでしょう。もちろんニキビの予防や対策に効果的な食事は肌や身体にも優しいものです。
日常の食生活をちょっとだけ意識してみましょう。まずはニキビに有効な栄養素を紹介します。

栄養素一覧

1.ビタミンA

毛穴の詰まりを改善し、肌のターンオーバーを促進します。
加えて皮膚や粘膜の潤いを保つ働きがある成分です。
鶏レバーやウナギ、人参、小松菜などに多く含まれています。

2.ビタミンB2

肌の角化を整え、皮脂の分泌を抑制します。
そして肌の状態を正常に保ちます。
多く含まれている食品はレバーや牛乳、納豆や卵などです。

3.ビタミンB6

肌の新陳代謝を促進し、新しい肌の形成に関わる成分です。
ビタミンB2と共に皮脂の分泌を抑制する働きがあります。
イカやタコ、生のカツオなどに含有されています。

4.ビタミンC

コラーゲンの生成促進、メラニンの生成抑制、抗酸化作用などで美肌に欠かせない成分です。イチゴやグレープフルーツ、レモンなどに多く含まれています。

5.ビタミンE

強力な抗酸化作用があり、血液の循環を改善します。
ビタミンCと合わせて摂取することで相乗効果が期待できます。
たらこや生のぎんだら、かぼちゃなどで効果的に摂取可能です。

6.ミネラル(カルシウム、マグネシウム、亜鉛)

ホルモンのバランスを調整したり、肌の新陳代謝を促進します。
特に亜鉛は積極的に摂取したい栄養素です。
牡蠣やウナギ、レバーなどが亜鉛を多く含む食品です。

7.コラーゲン

アミノ酸として吸収され、新しい肌を作る材料となる成分です。
酸素や栄養素を細胞に届ける働きをします。

8.食物繊維

便秘や肥満を予防し、脂質代謝を整えます。
納豆やオカラ、モロヘイヤなどから摂取するのが効果的です。
反対にニキビに良くない食べ物もあると考えられています。
特に脂っぽいものや甘すぎるものはニキビに良くないと有名です。

実際には特定の食品とニキビとの因果関係は明らかにされていません。しかし偏った食事習慣は避けた方が良いでしょう。もちろん規則正しい食生活に、こだわり過ぎてストレスが溜まっては逆効果です。むやみに我慢するのではなく栄養バランスを考えた食事を心がけましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ