気付かないうちに気になるお尻ニキビができてしまう原因

気がつくとお尻に、ニキビができてしまっていることがあります。
人に見られる場所ではないのですが、何となくニキビができると嫌な場所です。
お尻にニキビができてしまう原因は、顔や背中にできるニキビと、それほど違いはありません。

偏った食生活や運動、睡眠の不足などと言った生活習慣の乱れが大きく影響します。またホルモンバランスの乱れや過剰なストレスなども、ニキビに影響を与えるでしょう。お尻にできるニキビは、デリケートな部分であるために、独特な原因もあります。

様々な負担がかかりやすく、複雑で繊細なダメージを受けてしまいやすいのです。例えば座っているときの圧迫や下着による摩擦が、肌へのダメージとして蓄積されます。このような気付かないダメージにより、肌のターンオーバーが乱れたりするのです。また場合によっては、圧迫によって血行不良を引き起こしてしまいます。血の流れが悪くなることでお尻ニキビのできやすい状態になるのです。このような血行不良が肌トラブルにつながってしまうことは、ご存知でしょう。

さらに皮膚を保護しようとする働きも強く、角質が他の場所より厚くなりやすい場所です。これらの要因によって皮脂が毛穴をふさいでしまいやすいと考えられています。そして顔や背中ほどではありませんが、皮脂の分泌のある場所です。

お尻は、そもそも衛生的に優れている場所ではありません。特に下着の中が蒸れることで、アクネ菌などの雑菌が繁殖しやすくなります。そのアクネ菌が繁殖することによって、気になるお尻ニキビが悪化してしまうのです。またお尻は柔らかそうなイメージですが、実際は肌表面も分厚く硬くなっています。座っている時、腰とお尻で体重を支えるために肌を強く圧迫してしまうのです。強く肌が圧迫されることで、角質が自然と厚くなってしまいます。そうなるとニキビができやすい、アクネ菌の温床になってしまうのです。

とても蒸れやすく、他の場所よりも清潔を維持することが難しい場所になります。これらの原因を一つ一つ潰して対策していくことがお尻ニキビのケアには欠かせません。水着姿になる機会の増えてくる季節には、特に適切な対応が必要です。まずは、しっかり、お尻ニキビの原因について学んでおきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ