お尻のニキビケアは皮膚科で説明してもらうのが良い?

ニキビは、顔に出ると目立ちますが他の部位にもできます。
思春期ニキビは、額・鼻・頬・口周りに多く出ますよね。大人ニキビは、頬・鼻を中心にできることがあり黒ずみの原因にもなります。鏡で確認すると、首周りや胸周辺は見ることができます。しかし、お尻ニキビは自分で確認するのは難しいことです。

気付くとすると、入浴時に身体を洗っているときだけではないでしょうか。重度になれば、座ったときの違和感や痛みによって気付くことも可能だと思います。ですが、ニキビは早期治療が大切になるのです。できるだけ早く発見して、ニキビケアをしなくてはなりません。塗り薬で治すにしても、ニキビの種類で治療が変わってくるのです。

白ニキビは、初期症状なので発見もし難く自覚症状がありません。
赤ニキビは、白ニキビが少し悪化して炎症を始めています。
ニキビは、この赤ニキビの状態で治しておくことが鉄則です。この状態で、しっかりニキビケアをしておけば治すことが可能です。更に悪化した黄ニキビになってしまうと、ニキビ跡が残ってしまうのです。赤ニキビに気付いたら、皮膚科に行って症状を確認してもらうのが適切です。気にせずに手で触って刺激を与えると、炎症が広がってしまいます。皮膚科で塗り薬をもらったら、ニキビケアの説明を良く聞いておきましょう。

入浴時に身体を洗いますが、患部を擦ったりしないように注意しましょう。
特に黄ニキビは炎症が酷く、表皮が薄くなっています。毛穴に皮脂が詰まり、皮脂の塊が黄色く浮き出て見えているのです。この皮脂の塊は「角栓」と呼ばれています。角栓は、外気に触れると酸化して黒く変色して黒ずみになるのです。

角栓が気になって、無理やり潰す人もいます。潰したときの、肌へのダメージは大きく炎症は更に広がります。炎症を起こした毛穴は、回復するのが困難です。

毛穴に炎症跡が残ると、お尻に黒い点が目立つように残ってしまいます。
ニキビ跡になると、治療するのに時間もお金も掛かるのです。なので、ニキビの症状に合わせた治療をしなければなりません。

ニキビ跡は、自然治癒で治せると言われていますが、最も治療効果が高いのが、ピーリングです。古い角質を取り除き、肌の再生を促進させて新しい肌を作る方法です。市販のピーリング商品で、自分でニキビケアや治療することもできます。ですが、見えない部位の治療は専門家に任せるほうが無難です。ピーリングするときも、皮膚科に行って治療してもらいましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ