お尻のニキビケア、とくに大事なことは「保湿」です

お尻は普段見えにくい場所。
そのため自分では気が付かないうちに、お尻ニキビができていたという方は結構多いです。できてしまったお尻ニキビは放置せずに、きちんとケアして下さい。炎症を起こすまえに適切なケアを行なえば、ニキビ跡も残らずきれいなお尻に戻ることも可能です。以下の方法で「お尻のニキビケア」を実践しましょう。

■いつも清潔を心がける

お尻は空気に触れることが少ないので、蒸れやすく、お尻ニキビができやすくなっています。汗をこまめに拭いたり、下着を交換するなどをおススメします。それが難しい場合は、長時間の座りっぱなしを避けたり、硬い場所に座る場合はクッションなどを使用しましょう。

ところで下着については、締め付けがきついものはお尻の血行を悪くして新陳代謝を下げ、お尻ニキビの原因になるので避けて下さい。また通気性の悪い素材の下着もお尻環境をさらに悪化させるのでやめましょう。できれば綿や絹など天然素材で柔らかく通気性のよいものがオススメです。

■スキンケアをしっかり行なう

お尻ニキビは顔や背中などと違い、悪化しやすい部分です。
色素沈着も起こしやすいので、基本となるスキンケアをしっかり行うことが大切です。とはいっても、一日に何度もシャワーを浴びたり、強く擦ったりするのは逆効果。必要な皮脂まで洗い流し、肌のバリア機能が低下してしまいます。

刺激の少ない洗浄成分の石鹸などで、やさしく汚れを落としてください。そして肌に水分を補うために化粧水等を使用します。最近はニキビケア用のスキンケア商品として、クリームタイプのものなども出ています。

■規則正しい生活をする

寝不足が続いたり不規則な食事をすると顔にニキビができたりします。お尻もまったく同じです。睡眠不足や不規則な食生活、ストレスなどでバランスを崩した生活から、規則正しい生活に戻しましょう。とくに栄養不足、ビタミン不足は肌の大敵です。

■最大のお尻ニキビケアは「保湿」

お尻ニキビができる原因として乾燥があります。
うるおいが不足した肌は、自ら乾燥を防ごうと、皮脂を多く出して潤いを保とうとします。その際に、皮脂が多く出過ぎることでお尻ニキビができるのです。お尻ニキビを改善するには乾燥を防ぐこと、つまり保湿が大切です。

保湿ケアのやり方は色々ですが、入浴後の 肌が潤っているときに行なうとよいでしょう。入浴後30分以内に保湿剤を使用します。最近はお尻専用のニキビケア商品も出ており、これらは保湿に優れた商品なので、オススメです。
ニキビケアが参考になるサイト:ニキビケアの方法

サブコンテンツ

このページの先頭へ