自己判断は危険! お尻ニキビを治療する前に知っておきたいこと

皮脂の分泌されるところであれば、身体のどの場所でもニキビができる場合があります。もちろんお尻も例外ではありません。顔のニキビのように目立つことはないのですが、お尻ニキビの方にとっては大きな悩みです。お尻ニキビができてしまうと座るときに痛みを伴う場合もあります。だからと言って簡単に治療ができる場所でもありません。

誰かに相談するのも難しいですし、ましてや病院へ行くのもちょっと戸惑うでしょう。もちろんきちんとケアさえすればお尻ニキビも必ず治ります。今回はお尻ニキビを治療する方法について調べてみました。

まず最初に欠かせないのがお尻ニキビについて知るということです。ニキビができる原因は過剰な皮脂分泌により毛穴が詰まることになります。そしてアクネ菌という雑菌が繁殖することで症状が悪化するのです。意外に皮脂の分泌のあるのがお尻と言えます。またニキビのできやすい理由として比較的蒸れやすい環境ということがあるでしょう。さらに下着などの締め付けなどによる血行不良や繊維による摩擦が考えられます。やはりお尻ニキビの対策には、実際にお尻ニキビのできる原因を知ることが欠かせません。

しかし直接的なケアを行うのが難しいことがお尻ニキビの問題点です。改善のためにはお尻の環境を整えることが大切になります。なるべく清潔を心がけ通気性の良いお尻の環境を心がけましょう。

お尻ニキビの原因を取り除くことができれば自己治癒能力によって症状は治まっていきます。それでもなお、お尻ニキビが治らないときは、速やかに皮膚科などの医療機関で医師に相談するのが一番です。自己判断で薬を塗るのは避けましょう。単なるニキビであれば良いのですが間違った判断をしてしまうと症状が悪化してしまいます。

ニキビをケアするはずが余計に状況を悪い方へと導いてしまうのです。またニキビとよく似た症状である「粉瘤」という可能性もあります。粉瘤の場合、ニキビとは違って手術が必要です。ですから必ず専門家の判断を求めましょう。そしてお尻ニキビの原因の一つと考えられる生活の改善も考えなければなりません。

特に新陳代謝の悪化を改善するには規則正しい生活習慣の意識が必要です。食生活を見直し、適度な運動と睡眠時間をしっかり確保しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ