専門家の意見を聞いて効果的な薬を選びお尻ニキビケアしよう

お尻ニキビケアのために市販されている治療薬には様々なものがあります。上手く効果が出れば手軽にお尻ニキビの悩みを解消できるのです。しかし中には刺激が強すぎて余計ニキビが酷くなる場合があります。特に市販のニキビ治療薬を使う場合、肌に合ってるかどうかの注意が必要です。

よくあるのがお尻の皮膚が細菌にやられて炎症を起しているということで強めの薬剤を塗布する方がいます。何とか治そうとステロイドや殺菌効果の強い薬をしっかり塗りこんで、逆にお尻ニキビの症状が悪化してしまい皮膚科のお世話になる方も少なくありません。

皮膚の異常を招く細菌感染に対しては、ステロイドといった免疫抑制効果のある医薬品は禁忌です。そのような基本的なことを知らずに、感覚的に市販の治療薬を使うのは危険となります。まずは自分のニキビの特徴をしっかり把握しながら治療薬を選ぶのが良いでしょう。市販の治療薬で自分に合うものが見つけられない方や既に膿が出てるといった症状が出ている方は皮膚科を受診し塗り薬を処方してもらうことがおすすめです。自己判断で市販のニキビ治療薬を使うことで対処したい方もいるかもしれません。

しかし、その場合、逆に症状が悪化してしまう危険性を十分に理解しておくことが大事です。そこでまず市販のニキビ治療薬を用いる前に、最初は原因を追究し、生活習慣を改善していきます。それでも、何としても市販のニキビ治療薬を試したいときはドラッグストアの薬剤師に相談し、症状に適したお尻専用のニキビ治療薬を使うことが良いでしょう。ニキビの症状が思春期特有のものであればニキビも生じやすいですが代謝が早いので治りも早いです。大人ニキビの場合でもきちんとスキンケアを施すことによって塗り薬などを用いなくても治ります。

まずは乾燥、敏感肌対策をしっかり行いましょう。これらのトラブル肌がニキビの原因になりやすいからです。そしてしっかりお尻ニキビの治療を受けたいのであれば皮膚科の受診がおすすめになります。皮膚科で処方される塗り薬として抗生物質が出てくるでしょう。抗生物質にはお尻ニキビの原因菌となるアクネ菌を殺菌する効果があります。しかし一定期間以上、抗生物質を使用すると耐性菌ができてしまうのが問題です。ですから抗生物質のみに頼るのではなく日々の生活習慣を見直していきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ