お尻ニキビ跡のケア、クレータータイプやしこりタイプはピーリングが効果アリ

お尻にも、顔にできるニキビと同様にニキビはできます。
そのため、「お尻のニキビは治ったのに、その跡が残ってしまった」という、お尻ニキビ跡に悩む人も多いのです。特に女性の場合には、「美しく着飾っていても、脱いだらお尻にニキビ跡が…」となったら悲しいことです。でも大丈夫。そんなお尻のニキビ跡もケア次第でキレイに治すこともできるのです。まずはニキビ跡がどんなタイプかを知り、それに応じたケアを行いましょう。

【お尻のニキビ跡のタイプ】

お尻のニキビ跡は次の4つに分けられます。

①炎症タイプ

赤みだけが残っている状態のニキビ跡で、厳密にはまだ「跡」とは呼べませんが、この段階からケアすることで、本物のニキビ跡のなることを防げます。

②色素沈着タイプ

茶色いニキビ跡で、メラニン色素の沈着によって起こります。

③クレータータイプ

ニキビが治った後、肌の表面が凸凹になってしまうのがこのタイプです。これは自分自身の免疫とニキビの原因であるアクネ菌との戦いの名残です。戦いのため作られた活性酸素やアクネ菌の死骸などが肌に刺激として残り、これを修復しようとするときに凸凹になったものです。

④しこりタイプ

ニキビの炎症が繰り返し起こった場合にできる、固く盛り上がったニキビ跡で、クレータータイプとよく似ています。

【お尻のニキビ跡のケア】

お尻のニキビ跡のうち、①炎症タイプと②色素沈着タイプは、セルフケアが可能です。
ビタミンC誘導体の摂取や顔用の美白コスメを応用することによって、ニキビ跡は自然に改善していきます。ただ、③クレータータイプと④しこりタイプの場合には、セルフケアによる改善は難しく、完治を目指す場合は美容外科等に委ねることをおすすめします。
治療法としてはケミカルピーリングなどがあります。

【ケミカルピーリング】

じつは「ニキビ跡の改善にケミカルピーリングが有効」という認識は多くの人々に広がっています。一般的な方法としては次の通りです。
①化学物質である酸性の薬剤を数種類、皮膚に均一に塗布します。
②すると古い角質や毛穴に詰まった汚れが溶けて剥がれ落ち、新しい角質に生まれ変わります。
③酸性の薬剤を中和した後にクーリングを行ない、肌をよく冷やします。

ピーリング作用で古い角質が剥がれ落ち、肌の表皮が生まれ変わります。そのため、ニキビ跡の赤みや色素沈着が目立たなくなるほか、浅いクレーター状のニキビ跡にも効果的です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ